通信教育 高校受験

母子家庭で塾に行けない家庭がお金をかけずに勉強する方法!

母子家庭 塾 行けない
悩んでいる人

母子家庭でお金に余裕がなくて、子供を塾に行かせてあげられない。

塾に行かせたほうがいいのかな。また、塾に行かなくても勉強する方法も教えてほしいな。

こんなお悩みに答えていきます。

本記事の内容

・母子家庭でも塾に行く必要はあるのか?

・母子家庭で塾に行きたいときは割引き制度を確認する

・母子家庭で塾に行けないときの対処法

本記事の信頼性

この記事を書いている私の子供は、中学生のころ塾なしで、第一志望 偏差値57の公立高校に合格しました。

通信教育:小学5,6年生の2年間「進研ゼミ」を受講▶中学1年生のときに「スタディサプリ」を始める。

今回は、母子家庭の方が塾に行かなくても勉強する方法を紹介しています。

今回この記事で紹介する方法は、実際にわが子が実践していたやり方です。

我が家も母子家庭ですが、中学3年間塾なしで偏差値57の高校に合格しました。

それではさっそく、お金をかけずに勉強していく方法を紹介していきます。

そもそも母子家庭でも塾に行く必要はあるのか?

結論から先に言うと、塾に行く必要はありません。

なぜなら、塾へ行ったからといって成績が上がる保証はないからです。

成績を上げるには、「勉強頻度」と「やり方」を工夫することがポイントです。

実際に、わが子も塾なしで勉強し成績を上げることができました。

成績を上げたいから塾へ通うのは、お金を無駄に使ってしまうかもしれないので気をつけましょう。

わたしの子どもがやっていた、塾なし勉強方法は記事の後半で紹介します。最後までお読みくださいね。

母子家庭で塾に行きたいときは割引き制度を確認する

中学生には基本的に塾は必要ないですが、塾を検討している方にお得に入塾する方法を紹介します。

母子家庭なら、割引き制度を利用できる塾があります。

 割引き制度のある塾

・ITTO個別指導学院

・みやび個別指導学院

ITTO個別指導学院」「みやび個別指導学院」は、全国展開している塾です。

小学生から高校生まで対応しており、個別指導形式です。

割引き制度

・入会金が半額免除

・授業料5%オフ

この他にも、お住まいの地域で割引き制度を採用している塾を探してみるといいかもです。

割引きがあるからと言って、塾代を払うのは事実です。料金を確認して無理のないようにしましょうね。

母子家庭で塾に行けないときの勉強方法

金銭的に余裕がなく通塾できないときは、家庭学習で力をつけていきます。

最初にも言いましたが、塾に通う必要はありません。家庭学習でもじゅうぶんに学力をアップできます。

 家での勉強方法

・独学

・通信教育

①:独学

独学が向いているお子さんの特徴は、普段から勉強習慣が身についている子です。

さらには、ある程度の基礎基本が身についている必要があります。

学校のワークや、市販の問題集などで勉強していきます。

②:通信教育を利用する

塾に行かないのなら、通信教育を利用しましょう。

塾よりも月額料金を抑えられるため、経済的な負担はグッと減ります。

実際にわたしの子どもも、通信教育のスタディサプリを利用していました。

スタディサプリを選んだ理由は、月額料金2,178円から始められるから。

スタディサプリをよく知らない方は、スタディサプリ中学講座の口コミ・評判をどこよりも詳しく紹介!をご覧ください。

通信教育は塾よりも月額料金が安く、webから入会できるので簡単に始められます。

下記の記事では、通信教育を安い順で調べました。ぜひご覧ください。

中学生 通信教育 安い順 ランキング
【2022年】中学生の通信教育ランキング!【料金が安い順】

続きを見る

まとめ:塾に行かないなら通信教育を利用しよう!

今回紹介した方法なら、お金をあまりかけずに勉強していくことができますね。

 本記事の要約
  • そもそも塾に行く必要はない
  • 塾に行く場合は割引制度があるのか確認する
  • 塾に行かないなら独学か通信教育を利用する

「塾なしで勉強する方法が知りたいな!」と思う方は、こちらをチェックしてみて下さい。

中学生 塾なし 勉強法
中学生の塾なし勉強方法【これだけやればテストの点数UP】

続きを見る

  • この記事を書いた人

塾なしママ

高校生の子どもを育てるママです。高校受験を「塾なし」で乗り越えたい!と考えている人に向けて、実体験を紹介しています。|塾なしで高校受験▶第1志望合格▶偏差値57の高校入学

-, 通信教育, 高校受験

error: Content is protected !!